• HOME
  • 皮革製品 FAQ
皮革製品 FAQ Leather product FAQ


 過去にお客様からお問い合わせ頂いたご質問や疑問にお答えしています。

Q. 革が濡れた場合どうすれば、いいですか?
A. 水滴を払い落とした後、タオルでたたくようにして水分を吸い取り、風通し良いところで陰干しして下さい。乾燥後軽くもんでゴワゴワするようなら指定の革用乳化クリームを塗って油分を補って下さい。
   
Q. 革にカビが発生してしまいました。どうしたら良いでしょうか?
A. ぎん付革はから拭き、起毛革はブラッシングします。縫い目などの細かい部分は、歯ブラシも使用できます。カビを除去したら、ハンガーにかけて陰干しにし、乾燥させ、充分に除湿します。良く除湿すればカビの発生は抑えられます。
   
Q. 革に汚れがついてしまいました、どうすれば良いでしょうか?
A. 普段は柔らかい布でカラ拭きしたり、ブラッシングしてホコリをはらう程度で充分です。手あかや汗などで汚れがひどくなってきたら、指定のクリームを布につけ、軽く拭くようにしましょう。この場合、見えない部分で試してから使用するようにしたいものです。
   
Q. 皮革製品が雨に濡れてしまいました。シワやシミを残さず乾燥させるコツはありますか?
A. できるだけ早く乾いた布でやさしく水分を拭き取って下さい。次に新聞紙などを製品の中に入れて型が崩れないよう形を整えます。その状態で風通しの良い日陰でゆっくり乾燥させて下さい。良く乾いたら専用オイルで保湿すると痛みを最小限に留めることが出来ます。
   
Q. 革製品を長持ちさせるにはどのようなお手入れが必要ですか?
A. 革は通常の使用でも汗やホコリで少しずつ汚れて行きます。日常は乾いた布でから拭きする程度で良いですが、時々(一ヶ月に一回程度)専用のオイルで保湿しましよう。何日か続けて使ったら休ませてあげることでも長持ちさせることが出来ます。また、革製品にとって一番の大敵は湿気です。出来るだけ風通しの良い日陰の場所に保管しましょう。湿気の多い梅雨時にはハンドバッグ等をタンスに仕舞わず、風通しの良い場所に吊り下げて置くことをお勧めします。
長期保管の場合は充分に陰干しし、型崩れしない様に紙等の詰め物をした状態で薄紙や柔らかい布で包み乾燥剤と共に紙箱などに入れ、乾燥した場所に保管します。